両手に月と6ペンス

「働く」と「人生」を楽しみたい

簿記3級のCBT試験を受けてきました

f:id:MAKUZU:20211109155611j:plain

こんにちは、MAKUZUです。

先日、日商簿記3級をCBTで受験し、ありがたいことに合格できました。

受験地をはじめ、日程、時間帯まで自分の都合で選択することができ、2021年からは試験時間も2時間だったものが、1時間に変更になったようです。

受験の日時・場所が自由に選べる
試験時間1時間
即時判定
再受験もすぐに可能
※申込が可能なのは申込日から3日後以降


と簿記3級のCBTテストは受験するハードルがとても低くなり、便利だと思いました。

この記事では簿記3級のCBT受験の一連の流れについて、一個人の体験談を書いてみました。

日商簿記3級について

日商簿記3級については、以下をご確認ください。

テスト運営団体の商工会議所のホームページ&引用文↓

簿記 3級 | 商工会議所の検定試験

簿記3級について

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。
基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。


3級と2級の違いは工業簿記の有無。2級には工業簿記が加わります。この工業簿記には、商品の原価計算などが含まれます。
3級がビジネスマン必須の基本知識であるならば、2級は会社の経営管理に役立つさらに上の知識と言えるようです。

なぜ簿記3級を受験したか


私が簿記3級を受験しようと思ったのは、独立開業に向けての準備のひとつです。
今まで営業としての経験はあるものの、会社のお金の流れである経理については、全くの無縁でした。

そのため今後自分の事業を持ったときに恥ずかしくない程度の必要最低限の知識をつけたいと思い、簿記3級を受験しました。


簿記2級は会社の経営管理に役立つと言われているので、将来的にはこちらの受験も考えています。

CBT受験の様子

申込の仕方

受験の申し込みは以下のページから行うことができます。
日商簿記 | CBT-Solutions CBT/PBT試験 受験者ポータルサイト


希望のテストセンターの予約枠が空いていれば、3日後以降にいつでも受験することが可能です。もちろん再受験であっても同様に可能です。

※簿記の場合は、従来の統一筆記試験も今まで通り行っております。その筆記試験の前後には一定期間の停止期間があり、その間は受験することができないので注意が必要です。

テストセンターの様子

申し込み内容の日時で、テストセンター会場&時間で受験します。
テストセンターは他の検定試験を受ける人もいます。なお、身分証が必ず必要ですので忘れないようにお気をつけください。

ちなみに私が受験したのは秋葉原のテストセンター。
駅から徒歩5分程度、ビルのワンフロアにあります。平日昼だった為か、他の受験生はまばらでした。

テストを行う部屋へ持ち込めるものは限られており、スマホを始め、手荷物は待合室にあるロッカーに預けなければなりません。

持ち込めたもの
簿記試験で認められた電卓
身分証
テストセンターで用意されたメモ用紙2枚とペン

即時判定&合格証書はweb取得

問題を解き終わると、受験していたPC上に合否判定が出ます。

ロード時間がほとんどなく、瞬時に合否が表示されたのにはとても驚きました。

合否ページを確認後、受付で結果の印刷された紙をもらいました。合格の場合は、合格証書にアクセスできるQRコードが載っています。
私はそのまま帰り道にセブンイレブンに寄り、ネットプリントで合格証書を印刷しました↓

セブン‐イレブンでPDFや写真を簡単に印刷 ~ネットプリント(個人のお客様)~

CBT受験のメリット

私がCBT受験で感じたメリットは以下の通りです。

自分の自信がついたときに受験ができる

この点については、育児休業中の私には非常にメリットがありました。
特に試験勉強に自信がついた時に受験できると言うことがよかったです。と言うのも、育児中は思うように勉強時間が取れないものです。

もし日程の決まった試験であった場合、リミットがあるゆえに、育児に手を取られて勉強が十分ではない場合に大きなストレスを感じていたと思います。

育児の隙間時間で問題を繰り返し解き、ある程度自信がついた時点で受験日を設定できたので、余計なストレスを感じることがなかったです。

すぐに合否がわかり、再受験もすぐに可能

合格不合格の心配する時間が0秒だと言うのも私の性格には合っていました。また、もし不合格だった場合に、統一試験であればまた次の機会を待たないといけません。そうなると3ヶ月以上先の受験だったりしますよね。その間のモチベーション維持は非常に困難なこともあります。ですので、知識が錆びない内に再チャレンジできるメリットがあると思います。

CBT受験のデメリット

問題用紙に書き込みができない

デメリットについては、問題用紙に直接書き込むことができないことです。特に財務諸表の精算・作成には、問題用紙に直接訂正した金額を書き込む方法で慣れている人も多いと思います。しかし、PC上でメモすることはできないので、メモは事前に渡された2枚の紙に書かなければならないため、その形式に慣れる必要があります。

実際に、私は試験を受ける前に問題用紙に書き込まない方法で解く練習をしました。

カンマはいらない

CBTでは数字入力の際に、カンマは必要はありません(自動で入力されます)。しかし、いつもの勉強中にカンマを書く癖があると、入力時に少し手間取るかもしれませんので頭に入れておくといいかもしれません。

頭ではわかっているはずなのに、何度もカンマを入力してしまいました。

試験勉強が長引く可能性がある

メリットの点で、自信のついたときに受験日を設定できる、というように書きましたが、デメリットにもなり得ます。

例えば、いつまでたっても自信がないと言って受験日を設定できない可能性があります。かく言う私も、育児で勉強時間が取れない間は受験のタイミングを決めかねていました。
あのままダラダラと受験を長引かせてしまう可能性も十二分にあったと思います。

統一試験のような予め設定された受験日があれば、その日を目標にスケジュール管理することもできます。
CBT受験を考えている人でも、だらだらと試験勉強を長引かせない為にある程度期間や目標日を設定することに一工夫必要かもしれません。

まとめ

以上が私が簿記3級をCBTで受けたときの体験談となります。
大問3で合計金額が合わなかったときは焦りました〜笑

問題用紙に直接書き込むことができないと言うことに慣れるのには一定時間が必要でしたが、実際には自分の指定した日時で受験ができると言うお手軽さの方に大きなメリットを感じました。